NOKYOKO.JP
2017 メイド・イン・インターネット元年

*

Attention!:

New! 通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#情報操作(2019年4月30日)
コトバンク
朝日新聞、朝日新聞出版、講談社、小学館などの辞書から、用語を一度に検索できるサービスです。

<修正前>
ポリペプチドに無数の糖鎖が枝状に結合した糖たんぱく質の⼀種。唾液・胃液・涙など動物
の粘膜の表⾯に分泌される粘液のほか、⼭芋・オクラ・昆布・なめこなどの植物や菌類など
にも含まれる。
レクチンなどのたんぱく質を認識して結合する機能がある糖鎖をもち、ウイ
ルスや細菌の表⾯にあるたんぱく質を認識・結合してその活動を弱めたり、粘液に取り込ん
で体外に排出する働きがある。

<修正後>
動物の上⽪細胞・粘膜・唾液腺などが産⽣する粘性物質の総称。糖たんぱく質の⼀種で、ア
ミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラや⼭芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。これは⾼分
⼦の多糖類とたんぱく質が結合したもので、動物の粘液に含まれるムチンとは異なる。


<再修正後>
動物の上⽪細胞・粘膜・唾液腺などが産⽣する粘性物質の総称。糖たんぱく質の⼀種で、ア
ミノ酸がつながったポリペプチド鎖に糖鎖が枝状に結合した構造をもつ。
[補説]オクラや⼭芋などに含まれるぬめり成分もムチンと呼ばれることがある。




New! 通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#情報操作(2019年4月30日)
岡田 直敏
株式会社日本経済新聞社 代表取締役社長 岡田 直敏

ムチン
むちん、mucin

<修正前>
だ液や胃液などの分泌物や、胃腸の粘液に含まれている粘性物質の総称。
納豆やヤマ芋などのねばねば成分もムチンだ。
主成分は、糖質とたんぱく質がくっついた糖たんぱく質。

<修正後>
 だ液や胃液などの分泌物や、胃腸の粘液、涙などに含まれている粘性物質の総称。
主成分は、糖類とたんぱく質がくっついた糖たんぱく質の一種。
納豆やヤマ芋などのねばねば成分もムチンと呼ばれている。
■変更履歴 記事内容の一部に誤解を生む表現があったため修正しました。[2017/8/9 18:30]


アラビノガラクタン:
 アラビノースとガラクトースという、二つの糖類が結合した食物繊維。
免疫力を上げるサプリメントとして知られるエキナシアやトウキ(当帰)に共通して含まれ、樹木に寄生するヤドリギやカラマツが持つ成分でもある。
ドイツでがんの民間療法に用いられるイスカドールという薬の有効成分の一つ
免疫力を上げる作用のほか、腸の中の善玉菌を増やし、便通を良くする効果もある。


日経ヘルスにおきましても、日経Goodayにおきましてもアラビノガラクタンについてまとまった記述があるのは、2004年版から2011年版の『サプリメント事典』のみです。
2004年を記述した著者については、当時の担当者が社内におりませんので確認できません。

版を重ねる際に内容を見直しておりますが、11年版についての記述は11年時点で問題がないと考えております。

また、日経Goodayに置きましては、本データベースサービスについて
『本文中、不調や病気に効果があるとされる成分や素材は、その効果を保証するものではありません。』
と、但し書きをいれて、誤認を防ぐよう努めております。


New! 通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#情報操作(2019年4月30日)
吉田 直人
株式会社日経BP 代表取締役社長 吉田 直人

こんにちは。日経ウーマンオンライン編集部です。
このたびはガラクタンについて、お問い合わせいただき、
ありがとうございました。

ガラクタンが脳細胞を活性化するかもしれないという
「情報」があることは確かなので、
記事の表現に問題はありません
が、念のため、
私どもで独自に識者へのヒヤリングを進めましたところ、
現在では、その説の根拠はかなり希薄であることがわかりました。

原稿自体に問題がないとはいえ、
読んだ方に誤解を与えるといけないので、
該当部分は削除いたしましたのでお知らせ申し上げます。

日経トレンディ
脳細胞を活性化する成分が含まれるとされる、サトイモから抽出したエキス「脳響水」を使った食品が増加。
菓子やパン、めん類へと用途が広がる。




New! 通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#筑波大学生命環境系(2019年4月30日)
坂本 和一
筑波大学生命環境系 准教授 坂本 和一

*2017/06/28 (水) 16:57
中西さま

ご連絡ありがとうございます。

<理由>に挙げられた事柄は、既知の事実として認識しております。
生理機能成分は他の低分子物質(あるいは分解産物)と考えるのが妥当です。
よろしくお願い致します。

坂本


研究不正:
1.ガラクタンは体内で脳のエネルギーとなる「ガラクトース」という糖質に変化するが、このガラクトースは脳を動かすために必要不可欠なものだ。筑波大学新聞
坂本 和一
2.レンコンはムチン等のファイトケミカルに富み、生活習慣病や老化の予防など健康機能食材としての利用価値が期待できる。
本事業は、土浦産レンコンに含まれる機能成分の生物学的な機能解析を行い、機能食材としての付加価値の再評価と利用法の開拓を目指す。
本事業により、土浦産レンコンのブランド化と関連産業の活性化を通じて健康で活気ある街づくりを提案する。
国立大学法人筑波大学と土浦市との連携・協力に関する協定
3.北アフリカ・地中海食薬資源を含むつくばの生物医学資源や常陸大黒、奥久慈茶・猿島茶、サトイモといった特色のある茨城県地域食資源を用いて、
生活習慣病予防、アンチエイジングに効果がある機能性食品及びヘルスケア製品を開発します。
つくば国際戦略総合特区


永田 恭介
筑波大学長 永田 恭介

脳響水(のうきょうすい)
1.脳響袋操の漢字四文字は、脳が健康でなければ、からだ(袋)の健康を操ることができないことを表しています。
脳の健康は、一体感や連帯感(響き)が⽣まれる良好な人間関係によって増進される。
簡単に言うと、「いい出会いで健康になれる」という意味です。

2.サトイモ産地ではなかったからこそ生まれた斬新でユニークな、
「いもらしさ」とか「ほかのいもの代替」「親いもの活用」といった従来のサトイモ加工品とはまったく異なる発想から出発しています。

3.脳響水は、親芋の活用やほかの芋の代用の話ではありません。
もちろん、里芋のペーストやパウダーの話でもありません。
里芋の全く新しい食べ方なんですね。
ですが、それだけではありません。
インターネットの世界に、イノベーションを興そうということなんです。
つまり、脳響水になった里芋が、私たちの経済や社会を大きく変えてしまうかもしれないということなんです。

里芋の食べ方をほんの少し変えただけで、こんなすごい展開が待っているなんて、誰が想像できたでしょうか。

司会: 福井テレビ 井上愛梨アナウンサー
講師: KKR 国家公務員共済組合連合会 水府病院 看護部長 看護師 中西京子
タイトル: 「2014 脳響水元年」記念講演 さといもに光を!~新しい食べ方「脳響水(のうきょうすい)」~


New! 通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#アラビノガラクタン(2019年4月30日)
朝田 文彦
UCC上島珈琲株式会社 代表取締役社長 朝田 文彦

研究不正:
1.コーヒー豆由来アラビノガラクタンが免疫機能を高めることを確認(神戸大学との共同研究)
2.コーヒー豆由来のアラビノガラクタンによるアレルギー抑制の可能性について報告(神戸大学との共同研究)

ヒト由来アミラーゼ、ブタ膵臓由来アミラーゼ、ラット腸管内容物粉末を用いて人工唾液、人工胃液、人工膵液、人工小腸液モデルを作成しました。
この人工消化液にアラビノガラクタンを作用させましたが、アラビノガラクタンはいずれの人工消化液モデルにおいてもほとんど分解されませんでした。
すなわち、アラビノガラクタンはヒトをはじめ哺乳類の消化酵素では分解されず、そのままの形で腸内に達することを意味します。


朝田 文彦
神戸大学長 武田 廣

アラビノガラクタン:
1.ミューシレージとは何か?コーヒー豆を精製する5つの方法
2.1950~60年代の英和辞典のなかで,「mucilage」,「mucus」,「mucin」という言葉がどのように紹介されているか知りたい。
また,1950~60年代の和英辞典のなかで,「粘液」という言葉がどのように紹介されているか知りたい。

3.サトイモ粘質物および多糖画分の性状


通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#保険医療機関(2019年4月29日)
*四病院団体協議会(通称:四病協「一般社団法人日本病院会公益社団法人日本精神科病院協会一般社団法人日本医療法人協会公益社団法人全日本病院協会」)
渡邉 一夫
南東北グループ、一般財団法人脳神経疾患研究所附属総合南東北 病院理事長・総長 渡邉 一夫

モロヘイヤ

老化防止に効く〝王様の野菜〟葉酸多く妊産婦におすすめ
モロヘイヤ  エジプトやアラビア半島などで古くから日常的に食べられていた緑黄色野菜の1種です。
重病を患ったエジプト王がモロヘイヤスープを飲んで治ったという故事もあり、 アラビア語で「王様の野菜」を意味します。
日本に入ってきたのは1980年代ですが、健康志向の高まりから青菜類が少ない夏の「夏バテ改善」に役立つと注目されています。
【栄養成分】
 栄養価が高いことで知られるホウレンソウやコマツナより多くのカルシウム(100g中260mg)、カロテン(同10000μg)が多く含まれています。
カルシウムは中枢神経を鎮め、イライラ感や過敏症を抑える働きもあり、 ストレス緩和に効くほか骨粗しょう症にも有効です。
カロテンは体内でビタミンAに変わり血管などの粘膜を丈夫にし、細胞の老化を遅らせるので老化防止にも有効です。
 においやクセもないので食べやすい野菜ですが、特徴的なのは刻むと粘りが出ることです。
この粘りはムチンやマンナンといった水溶性多糖類で糖の吸収を遅らせ血糖値の上昇を抑える働きがあります。



通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜免疫(2019年4月29日)
ボディメンテ ドリンク ボディメンテ ゼリー  Kōki,

2018年のノーベル生理学・医学賞の受賞者に、京都大学特別教授の本庶佑さんが選ばれました。
免疫の働きにブレーキをかける仕組みを発見し、それをがん治療に応用することで、これまでになかった新しい薬の開発に貢献したことが評価されました。

 本庶さんが取り組む免疫学は、日本が得意とする研究分野で、1987年にノーベル生理学・医学賞を受賞した利根川進さんのほか、世界的に著名な研究者が多くいます。

 免疫とは、ヒトの身体に備わっているセキュリティシステムで、異物や病原体(細菌・ウイルスなど)が体内に侵入するのを「防御」する粘膜免疫と、入り込んでしまった異物や病原体を「攻撃」する全身免疫に大別されます。

 この粘膜免疫機能を高めるものの1つに“乳酸菌B240”があります。乳酸菌B240はSIgAという物質を増やしてのどや鼻で細菌やウイルスを捕まえたり、唾液に含まれるムチンというネバネバ物質を増やして細菌やウイルスをブロックする植物由来の乳酸菌です。

 このほかにも外敵を防御する機能として、細菌やウイルスを身体の外へ押し出す“線毛運動”があります。鼻やのどにある線毛の働きを維持するためには身体の水分量が重要で、水だけを飲むよりも、電解質を一緒に補給すると線毛運動を促進し、細菌やウイルスをスムーズに排出することが確認されています。

 細菌やウイルスの侵入を防ぎ、毎日元気に過ごしたいという方は、乳酸菌B240と水分・電解質を継続的に飲んでカラダをバリアすることが大切です。


通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#ムチンが粘膜強化に役立つ(2019年4月29日)
荒蒔康一郎
公益社団法人農林水産・食品産業技術振興協会(JATAFF)会長 荒蒔康一郎(あらまき こういちろう)

・ムチンが粘膜強化に役立つという一般的記事情報は多数接することができるが、感染症予防効果の直接的な実証に言及した情報を確認することは困難である。
・ムチンは、山芋、オクラ、モロヘイヤなどに多く含まれる。


平成27年度農林水産省農山漁村6次産業化対策補助事業「6次産業化促進技術対策事業」
機能性表示食品の起業者ニーズに応える技術情報の整理



通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#腸管バリア(2019年4月28日)
森永製菓

甘酒の主要成分である酒粕と米麹を摂取することで、腸管を守る役割を果たすムチン量の増加と、ムチン関連遺伝子の発現上昇が見られました。
このことから、酒粕と米麹を使った甘酒の摂取により、胃腸の粘膜を保護し病原菌や毒素から守る腸管バリア機能向上の可能性が示されました。

東京大学 阿部啓子特任教授らとの共同研究による、2016年11月開催の第22回日本フードファクター学会学術集会にて発表された内容です。

「ムチンによる物理的なバリア機能」ですが、
一般的な教科書である標準生理学第6版(医学書院)のp.750右側中段には、
「消化管粘膜表面を覆う粘液は、高分子の多糖類(ムチンmucin)を
多く含み粘膜保護に役立っている。粘液のねばねばした性質は、
タンパク質や病原因子が粘膜表面に接するのを妨げ
細胞の障害を未然に防ぐ。」と記載があります。

文献「The adherent gastrointestinal mucus gel layer
  thickness and physical state in vivo」には

「The mucus layer provides a protective barrier against pathogens
 by acting as a physical barrier,…」
とあり、ムチン層の物理的なバリア機能は一般的な事項か思われます。
以上、ご参考になれば幸いです。

新井 徹
森永製菓株式会社 代表取締役社長 新井 徹


有限会社 学術秘書

池田 剛士 様


医学書院医学書籍編集部の金井と申します。

このたびは、弊社発行の書籍『標準生理学』につきましてお問い合わせいただき、誠にありがとうございます。

お問い合わせいただきましたのは、標準生理学「第6版」ですが、本書は現在「第8版」となっております。
「第8版」の同様の箇所に、「ムチン」に関する記載がございましたので、該当ページを添付いたします。
ご参考いただければ幸甚に存じます。

なお、該当ページの記載以上の内容につきましてはお答えいたしかねますので、何卒ご理解を賜りますよう
よろしくお願い申し上げます。

金原 俊
株式会社医学書院 代表取締役社長 金原 俊


*
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#消費者庁長官指示(2019年4月14日)*Tarzanマガジンハウス
Tarzan(マガジンハウス)
納豆にオクラにモロヘイヤに山芋、いわゆるネバネバ食品に含まれているムチン。この物質はタンパク質の吸収をサポートする。

*
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)*本庶 佑(京都大学)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#粘膜バリア(2019年4月9日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#ムチン酸(2019年4月3日)
通達(みと・あかつかカンファレンス)*メディア対策室;安倍晋三 首相案件(ムチン騒乱)#植物のプロテオグリカン(2019年2月24日)
"和とは愛(わとはあい)"さん、デビュー決定!!(2017年9月19日)
フィッシャーの呪い撲滅キャンペーンSS、サンクション・セッション(sanction session)開始(2017年9月1日)
フィッシャーの呪い撲滅キャンペーン放送番組検証特設サイト開設(2017年8月23日)
フィッシャーの呪い撲滅キャンペーン応援サイト開設(2017年7月27日)

*

商号:

有限会社学術秘書
英: Academic Secretary, Inc.

本店:

茨城県水戸市赤塚一丁目386番1-107号

会社成立の年月日:

平成16年1月28日

目的:

1 学術コンサルティング業務

2 前号に付帯する一切の業務

発行可能株式総数:

5000株

発行済株式の総数:

180株

資本金の額:

金900万円

代表取締役:

池田剛士

法人番号:

7050002006496

事業分野:

キャスティング&エンタテインメント(英: Casting & Entertainment)
2016/11/2 JITパブリッシング(英 Just In Time Publishing; JITPUB)
New! 2017/8/16 ローカライズ&リリース(英: Localize & Release)

*

© 2017 学術秘書(Academic Secretary, Inc.